in ワイハ ー2日目ー

2日目は、私(高橋)的に この旅のメインイベント

『ドルフィンスノーケル』です。

私、野生の大型海洋生物ウォッチングが大好きなのです。

出発前からこのツアーに参加する事を決め、タケルさんに報告したところ

「え〜っ 俺、イルカはべつに・・・」

と、あまり興味無さそうな返事。

「じゃあ 酒井さんと2人で行ってくるから、タケルさんはゆっくり寝てて」

「え〜っ それはイヤだ! 俺も行く!」

ってな訳でイヤイヤながらも参加決定

 

当日の朝は、5時起床。当然 外は真っ暗です。

身支度を整え、酔い止めの薬を飲んで準備万端、

ハリキリ過ぎてピックアップの為の集合場所にはかなり早くに着いてしまいました。テヘッ

 

ワイキキから車で約1時間のワイアナエというエリアまで行きます。

マリーナで待っていたのは、ゾディアック(=ゴムボート。これすごい揺れるって噂です。)

 

ゾディアック

 

レディーファーストで乗り込みます。(さすがアメリカですね)

 

男性陣

↑ 順番待ちの男性陣

女性は椅子の様な席に、男性はボートの縁に座らされます。

 

約3,40分のボートトリップです。

hawaii 020hawaii 015

hawaii 016  キャプテン

IMG_2552 ガイドのヘザー 日本語ペラペラです。

ヘザーが遠くを指差して「アソコ、イッパイイルヨ」って・・・

遠くに ヒレが見えます。

IMG_2588

 

飛び込む前に、ヘザーから

「・海に入ったら、イルカは下を泳いでるので前ではなく下を見て泳ぐ。

・イルカは音に敏感なので、水面をバシャバシャ蹴らないで水の中で蹴るように」

と説明を受けた後 一斉に海の中へ   ひえ〜冷たい!!

みんな興奮しているので、ぶつかるは、蹴られるは、のドタバタです。

 

どこにいるのかな? あっ いたいた

 

IMG_2566IMG_2573

群れてる〜〜

hawaii 029hawaii 030

たまに『キュ〜〜〜〜〜ン』というイルカの鳴き声も聞こえて、

ちょっと感動。

イヤイヤ参加のタケルさんも満足されたようです。よかった。

 

 

次はカメポイントに移動して、スノーケル

相変わらず 水が冷たいです。

 

hawaii 059hawaii 066

hawaii 086

 

 

体脂肪の少ないタケルさんは寒さのあまり、早々にボートに引き上げて行きました。

 

 

ボートに上がるとみんな寒くてガタガタ震えているところに

酒井さんは「俺は、寒くない!!」と威張っています。

そんなの なんの自慢にもなりませんから・・・

 

帰りの車ではみんな “爆睡” なのは言うまでもありませんよね

 

つづく