グルメかっ!!(三村風)

ですけど、何かっ??(大竹風)
最近グルメと日焼けにハマっている遠藤ですどうも。
遠藤さんの食レポ面白いですねー
なんて言って頂くことがあるので調子に乗って電車に乗ってグルメな旅に出掛けてみました。
まず初めは埼玉は西大宮駅から歩くこと25分、藤店うどん!!
  

  ここでのお目当てはー
肉汁うどんっ!!どぉーん

  
要はつけうどんですね
まーこれが美味いのなんの
麺は箸でつまむと立つくらいのバリカタ

そして極太
つける汁にはタップリの豚肉とお揚げと長ネギ

豪快にすすります

少し濃いめの肉汁と長ネギが染み渡るつけ汁の美味いこと

うどんと言う名の桃太郎がつけ汁というきびだんごを持って胃袋と言う名の鬼ヶ島に攻め込みます

そして咀嚼という旅の途中で豚肉というサル、長ネギという犬、お揚げというキジを従えていきます。

空腹と言う名の鬼はいとも簡単に退治されるのでありました。(完)
続く二件目は神保町にある東京で一番と称される讃岐うどん屋さん

丸香さん!!

  注文したのはおろしぶっかけとげそ天
   
 まあもうこれは想像通りです

美味くないわけがないっ!

モチモチのうどんに薄めの出汁が絡みます

そう、それはまるで高校の時に美男、美女が付き合うみたいにまさにベストカップルなんです。

しかし二人にはちょっとした試練が訪れます・・・
まず初めに少し辛めのおろしとカイワレの辛めな倦怠期です。

少し二人の仲に気まずいムードがたちこめます。

ですが、すかさずそこに二人の共通の友達である鰹節子ちゃんが入り込む
なんでだろう二人の関係が中和されていくっ!ありがとう鰹節子ちゃんっ!

おろしやカイワレの辛い思い出も今ではいい思い出です。

そんな二人を揚げ玉や生姜、他人のげそ天が祝福します。

おめでとう

おめでとうという気持ちを込めて咀嚼

咀嚼と言う名のおめでとう、祝福の証

無事二人は食道というバージンロードを通り

胃袋と言う名の幸せに辿り着きました。が、これが本当の幸せかどうかは分かりませんね。なぜならここでまた色々な困難が待ち構えているのだから・・・(続)
ラスト三軒目はお店からも近い渋谷にあるビーフカツのお店もと村さん!

  あ、これまでの写真は大体拾い物なんで悪しからず。
基本的にミーハーですが人前でミーハーな行為をするのを嫌う人間です。

いやーこの店は並んだなー

オープン前に気合入れて行って結局着席まで1時間っ!いやそれ以上かも。

んで、1分も経たずに配膳されますのはこちら

   
 薄切りにされた牛カツ。

中身は極レア。

岩塩、ワサビ醤油で頂きます。

当方牛カツという物初めてでして、一口入れた瞬間脳内でシナプスとニューロンが激しく暴れ周りました。

ほう。こんな食もあるのかと。

サクッとした表面に対し、中身はレアですが肉汁が出る程度には火が通っており、噛むと肉汁が広がります。

ほー

カウンターで一人で頷きます

麦ご飯にトロロがまた合うっ!

なるほど・・・

また一人で頷きます

赤味噌のお味噌汁をくぐっと啜ってご馳走様でした。

間違い無く美味かった。

なんだか僕のショボい味覚の幅を広げてくれたそんな一品でした。

牛カツという食にまだ経験の無い方このお店は一度試してみる価値ありです。
あれっ?俺、美容師だよなっ?